坂戸拡大写本の会

拡大写本の会ポスター

「拡大写本」というのは、弱視であったり、読書などをするのが困難な方のために、その人に最も読みやすい文字の大きさで書き写した本のことです。
拡大文字の教科書や大きな文字で読みやすい本を作ります。
弱視児(小学生)が使用する教科書を、その生徒が最も読みやすい大きさの文字で書き写したり、パソコンで入力した拡大教科書を制作しています。また、読書障害者(高齢者など)には大きな活字の読みやすい大活字図書を制作しています。

教科書のデジタル化も進んで制作は一般図書の拡大本に。

会の活動については、教科書のデジタル化もあって拡大教科書は昨年度に引き続いて 今年度も依頼がない状態です。 コロナ禍の問題もあって開店休業の状態が続いていますが、今後は一般図書にも力を向 けようと会員一同が頭を捻っています。 坂戸市社協によりボランティア団体の活動紹介のYou Tubeが作成され、拡大の紹介動画が社 協のYou Tubeにアップされました。
こちらからご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=Qp2--MdYl2g
坂戸拡大写本の会の動画は、
「坂戸市社会福祉協議会ホームページ」→「社会福祉法人坂戸市社会福祉協議会」→「ボランティア」→
「詳しく見る」→「さかどボランティア・市民活動センター」の「You Tube」からも見ることができます。

2020・4月 川越市の社会科副読本「かわごえ4年」4分冊を川越市立川越西小学校に納本しました。

写真をクリックすると詳細が見えます。


【活動日】
第1・3・5火曜日・第2・4金曜日
【活動場所】
坂戸市社会福祉センターの1階活動室・2階会議室
【連絡先】
坂戸市ボランティアセンター
〒350-1212 埼玉県坂戸市大字石井2327ー6(坂戸市福祉センター内)
社会福祉法人 坂戸市社会福祉協議会内
TEL : 049-283-1597
FAX : 049-289-3911
受付 : 午前9時〜午後5時(月曜日〜金曜日)
お問い合わせは上記の連絡先へお願いします
目次へ戻る


Copyright(c)2018 坂戸拡大写本の会 最終更新日 :2022.04.25